ドアハンドル

ドアハンドルにもいろいろなものがある。
サムラッチ錠というタイプはドアを開けるときに親指で押しながら開けるタイプのものである。
このタイプのドアハンドルは長い間使っていると親指のトルクのバネが弱くなり、あける時に苦労することになる。

このようなトラブルの原因として考えられるのはいくつかある。
トルクが弱くなってくるとラッチ部分にドアの重さがかかってきてしまうため、このまま無理して使うと故障してしまうのだ。
最悪、ラッチをコントロールすることもできなくなり、ドアが開かなくなってしまう。

サムラッチの調子が悪いと感じたら力任せに開けたり無理して使い続けるのはやめよう。すぐに鍵屋を呼んで修理してもらうことをおすすめする。

ドアクローザーが原因となっていることもある。
ドアクローザーが古くなるとドアが閉まるときにスピードが調節されず、勢い良く閉まることがある。この時に衝撃がサムラッチにも加わって故障したり破損してしまうことがあるのだ。

このようなトラブルを避けるためにはドアクローザーはドアの重さに適したものに交換し、サムラッチ錠も新しいものに交換することをおすすめする。
ドアが重たくなってもその重さに耐えているうちにおかしいことにも慣れてしまい、修理しようという気持ちもなくなるかもしれない。我慢せずにすぐに修理したほうがトラブルが大きくならずに済む。